るんびにい美術館 新企画展スタート

0

    るんびにい美術館 新企画展 2017年8月10日(木)スタート

     

    「命の楔(くさび)、命の礎(いしずえ) ―病と共に存在すること―」
      
    東京都八王子市にある「平川病院」には、同病院に入院、あるいは通院する人たちが通い、制作に取り組む「アトリエ」があります。本展ではそのアトリエで制作をする一人、本木健の世界をお伝えします。...
    苦しみを伴いながらこの世に存在し、自らの内面をさらけだすこと。それによって得られる生の営み――。
    “描く”という行為は時として、人生という坂道を登るための杖となり、他者と自分を見つめるための鏡となり得ます。
    本木は、長年に渡り精神科病院の〈造形教室〉で絵を描き続けています。決して平坦ではない人生を、描き、刻みながら生きる本木健の作品を紹介します。
     
      * * *
     
    命の楔、命の礎 ―病と共に存在すること―
     
    〔会 期〕2017年8月10日(木)〜11月12日(日)
    〔会 場〕るんびにい美術館(花巻市星が丘1-21-29)
    〔時 間〕10:00-16:30
    〔休 館〕水曜日・第4火曜日(8/22、9/26、10/24)
    〔入場料〕無料
    〔問合せ〕るんびにい美術館 電話0198-22-5057
    〔主 催〕社会福祉法人光林会 るんびにい美術館
    〔助 成〕岩手県福祉基金
     
    ■本木健×安彦講平トークイベント開催
    9月23日(土)15:00〜〔入場無料〕
    会場・るんびにい美術館
    本木健と、平川病院アトリエを長年にわたって導いてきた安彦講平によるトークを開催します。
    ※詳細は追ってるんびにい美術館FB、HP、チラシ等で告知いたします。

     

     

    ≪投稿:事務員M≫


    | 1/60PAGES | >>